原産国表示

原産国の定義について検討し、原産国表示マニュアルをまとめました。

外国語で標記しているブランドの多いアパレル業界では消費者保護の立場から、これまで自主的に原産国表示を行ってまいりましたが、近年海外からの製品輸入が激増し、生産体制についても多国間に亘るなど、原産国表示の考え方について業界として明確化することが必要となりました。 

そこで、JAICでは、原産国の定義について検討を行いました。会員企業の考え方等を持ち寄り、繊維輸入組合等とも協議を重ね、また、経済産業省の指導の下に繊維関連27団体が参加した「繊維製品の原産国に係わる研究会」とも連携を取りながら、アパレル業界における「原産国表示マニュアル (PDF59KB) をまとめました。

 

ページのトップへ