HOME > 構造改革事業 > 電子タグの取り組み

電子タグの取り組み

当協会は平成11年度から16年度までに、経済産業省のご支援により3回の電子タグ(RFID)実証実験を行い、アパレル業界における電子タグシステム標準化に向けて活動しています。

  • ・JANのデータベースを有効に活用するためのネットワーク
  • ・ブランドタグ一体化電子タグの大量発行

 

上記について研究し、実証実験を実施する予定です。

RFID=  Radio Frequency Identification

ICと小型アンテナが組み込まれたタグやカード状の媒体から,電波を介して情報を読み取る非接触型の自動認識技術。複数の媒体の情報を一括で読み取ることや,内蔵された ICへの新たな書き込みが可能で,情報を消去して媒体を再利用することもできる。セキュリティーや生産・在庫・物流管理,交通,レジャー施設など幅広い分野で活用され始めている。
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

 

ページのトップへ