HOME > 構造改革事業

構造改革事業

取引改革委員会では時代の変化に対応した商取引慣行の改革、小売業界との業務改善を推進、アパレル流通の業務標準化の検討をおこなっています。

SCM推進委員会ではアパレル業界のサプライチェーン・マネージメント実現のため、情報システム、物流の2方向から検討を加え、業界の標準化を推進します。

コラボレーション取引の推進

コラボレーション取引の推進

「コラボレーション取引」とは、アパレル企業と百貨店間の商取引慣行改善のための新しい取引形態のことです。
詳しくはこちら

SCM推進

SCM推進

「SCM推進委員会」の中にワーキング委員会として「情報システム小委員会」を設け、アパレル業界のEDIについての研究・検討を行い、繊維標準に準拠した「JAIC標準メッセージ」を策定、その啓蒙のために「QR推進のために」という小冊子を発行。業界のEDI標準化を推進しています。
詳しくはこちら

電子タグの取り組み

電子タグの取り組み

当協会は平成11年度から16年度までに、経済産業省のご支援により3回の電子タグ(RFID)実証実験を行い、アパレル業界における電子タグシステム標準化に向けて活動しています。
詳しくはこちら
ページのトップへ